『きみが死ぬまで恋をしたい』11話のネタバレと感想!【百合姫】

百合姫ネタバレ

今回は「コミック百合姫」に連載中の『きみが死ぬまで恋をしたい』11話のネタバレと感想記事です。

この話は7月に発売された単行本2巻の続きの話となっています。

今回は巻頭カラーです。

最初の数ページはここから読むことが出来ます。登録も不要です。「サンプルを読む」からどうぞ。

前回はミミが死亡フラグを立てながら戦場に行ったところで終わりました。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『きみが死ぬまで恋をしたい』11話のネタバレ!

夜戦に行っていた生徒たちが帰ってきました、ミミを迎えに行くシーナ。

しかし保健室は怪我をした生徒たちでてんやわんや。ミミもいませんでした。

奥の部屋でミミを待っていると、保健医のフラン当てに届け物の大きな袋が。

シーナはそれを代わりに受け取りました。その中に入っていたのは……

怪我をし傷ついた血塗れのミミでした。

シーナとの「怪我しないで」という約束を守れなかったことを謝るミミ。

そんなミミを泣きながら抱きしめるシーナ。

戦争に行く以上ケガをしてしまうのは現実としてあり、自分がわかっていなかったとシーナはミミに対し謝ります。

でもミミは嬉しかったから謝らないでと。フラン先生が戻ってくるまで血塗れの二人は号泣していました。



血を洗い流していた二人は授業に間に合わなくなってしまい、昼まで時間を潰すことに。シーナは授業をサボるのが初のもよう。

そして花を摘みに行った二人。そこでシーナはなぜ花かんむりを持って行ったのかミミに聞きます。

ミミ曰く、ポケットに入れておくと楽しいことをいっぱい思い出すからとのこと。

自分がここで生きる意味を考えるシーナ。

そして次のペア表にあった名前は……!?

『きみが死ぬまで恋をしたい』11話の感想

ミミは死亡フラグ立ててましたが普通に帰ってきましたね。当然といえば当然ですが。

今回は百合的においしいシーンが多くて良かったです。

ただ、せっかく「次にくるマンガ大賞 2019」にノミネートされて注目されているのに、7月発売の単行本の続きの話が9月というのはちょっともったいなかったと思います。

ミミとシーナが抱き合うシーンは見開きで見どころも多いのでぜひ本誌で読んでほしいです。今月号は最終回も多かったですし……打ち切り多すぎんよー

次回のネタバレはこちら

『コミック百合姫』をお得に読む方法とは?

『コミック百合姫』を読むにはeBookJapanがおすすめです。

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回ログインで50%OFFクーポンが貰えます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされるクーポンです。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば、6回までの購入に使用可能なお得なクーポンとなっています。

eBookJapan公式サイトへ

eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。

さらに2000冊以上もの漫画が無料で読み放題となっています。

ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。

電子書籍なら場所も取りませんし、紙の本よりも安く買えます。紙の場合830円+税ですが、電子書籍なら税込みで699円です。しかも発売日になればすぐに読めます。

eBookJapanで『コミック百合姫』を読みましょう!
eBookJapan公式サイトへ