『行進子犬に恋文を』16話のネタバレと感想!【百合姫】

百合姫ネタバレ

今回は「コミック百合姫」に連載中の『行進子犬に恋文を』16話(16通目)のネタバレと感想記事です。

最初の数ページはここから読むことが出来ます。登録も不要です。「サンプルを読む」からどうぞ。

今回の話は6月に発売された単行本3巻の続きの話となります。

前回は犬童と加賀美の心が通じ合うところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

ちなみに今回はセンターカラーです。



『行進子犬に恋文を』16話のネタバレ!

前日加賀美と心が通じ合ったことを夢に見て起床する犬童。

犬童は加賀美も自分のことを好きでいてくれると思うと意識してしまい、上手く話せずに困っています。

しかし、健康診断では身長も体重も増加しており、イキイキしていることを褒められます。

さらに勉強や剣道でも絶好調の犬童。人を好きになることのパワーを感じています。



加賀美に呼び止められた犬童は、今朝手拭を落としていたと注意されます。しかし相変わらず上手く話せず……

さらに日程のズレにより3年と1年が同時に入浴になったと告げられます。

一緒に入浴する犬童と加賀美ですが、無意識に距離を取ってしまい、もっと近くに来るように言われます。

犬童は改めて加賀美が美人だと思っていました。

加賀美は髪を切ろうかと犬童に相談しますが、犬童は最初加賀美の奇麗な髪に心を奪われたからそれがなくなるのは嫌だと答えます。少しびっくりしたような表情を見せる加賀美。

当時その日暮らしだった犬童にとって加賀美の髪の美しさは忘れられないものだったとのこと。

そして犬童は何もわからず入学したが今はしっかり志をもてていると自負できるようになりました。立派になったと感心する加賀美。

犬童は加賀美に入学した理由を聞きますが、適当にはぐらかされます。

風呂から上がり、なんとかうまく話せたと思った犬童。しかし、加賀美が体調不良に!?



医務室で休む加賀美。のぼせただけだったようです。

加賀美も自分と話すのに緊張していたのかと思うと嬉しい犬童でした。

『行進子犬に恋文を』16話の感想

想いが通じ合ったからこそぎこちなくなってしまうという話でした。

まあ今回は重要なストーリー自体はほぼ進んでいないといえます。

加賀美が入学した理由あたりは今後明かされていきそうですが。

3巻の最後の話でも加賀美の意味深な過去について少し触れられました。

あと加賀美が体調不良になったときすぐに呼ぶのが大葉なあたり二人の絆を感じられてよかったです。

今後どう展開していくのか非常に気になる作品です。

『コミック百合姫』をお得に読む方法とは?

漫画をお得に読むにはコミック.jp がおススメです。

music.jpと同じ株式会社エムティーアイが運営しているため、安心して登録できるでしょう。

このページから登録すると1350ポイントも貰えます。1350円分もの漫画が実質無料で読めることに!

コミック.jpは月額1100円のサービスですが、30日間は無料で利用可能!もちろんこの無料期間に退会した場合は料金はかかりません。さらに購入した本は退会後も読めます

継続しても月額1100円で1350円分のポイントが貰え、10%ものポイント還元がされるためお得です。気に入ったら継続するといいでしょう。

今のうちにコミック.jpに登録してお得に漫画を読みましょう!
コミック.jpへ

30日間の無料期間のうちに退会すれば料金はかかりません