『サタノファニ』113話のネタバレ!裏切者が発覚!

週刊ヤングマガジンネタバレ

今回は「週刊ヤングマガジン」に連載中の『サタノファニ』第113話のネタバレ記事です。

『サタノファニ』113話が掲載されているのは11月18日に発売された「週刊ヤングマガジン」2019年51号です。

112話のネタバレはこちら

114話のネタバレはこちら

前回はメデューサたちがひよ里ら教団信者を倒すところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『サタノファニ』113話「教祖様」のネタバレ!

アーカーシャに還る、そして姉のことを呼び、事切れたひよ里。

「アーカーシャ」とはサンスクリット語で天空、虚空という意味でいわゆる輪廻転生を表す教団の教義の一つです。

殺人鬼を作り上げている教団の目的を考える千歌。

そこにいなくなっていた霧子が教団信者の男を抱えて帰ってきました。情報を聞き出そうとしたが自殺したもよう。

メデューサたちの存在が教団側にバレるのは想定内だったものの、初日からバレたことに違和感を覚えます。まるで動きが事前に伝わっていたかのように……

霧子の運転で死体を捨てに行く車の中で、千歌は今までに得た情報を話します。ひよ里にはメデューサたちとは違い殺人鬼そのものの記憶があり、洗脳のようなやり方でマーダーモデルを埋め込まれているのではないかと推理した千歌。

霧子は真希に友情を感じており、千歌も人の命自体は薄っぺらいものに見えるが守りたいと思う人間もいると。メデューサはそういった矛盾を抱えた存在なのです。

車と死体を湖に廃棄し、羽黒警備隊の若本純と合流。彼に羽黒側に裏切者がいると伝えます。

美依那が言うには自分たちの存在がバレるのは早すぎたが、美依那がいることは知らなかった。あの家に千歌たちがいることは知っているが美依那が変装していることを知らない人物は……

友坂えりしかいません。彼女が裏切っているなら隊長が戻れなかったのも辻褄が合います。とりあえず羽黒側は裏切りに気が付いていないふりをして友坂を泳がせておくことに。

一方教団側。ひよ里たちと連絡が取れなくなったことからやられたであろうことを察し。友坂も裏切りがバレているであろうことは覚悟している様子。

そして教祖が登場。ひよ里似の二人を侍らせています。夜のみメデューサの「解放」を許すと指示した教祖。

羽黒側のメデューサも続々と合流し始め、夜の殺し合いが始まりそうな雰囲気で次回に続く……

『サタノファニ』113話の感想

ある程度情報が集まってきたものの、まだまだ謎は多いです。裏切者が誰かわかっただけでもかなりのアドバンテージ。

そして今まで出番が少なかったメデューサたちも次回からは出てきそう。

果たして儀式の前に真希を救い出すことが出来るのでしょうか?

次回以降の展開に期待です。

114話のネタバレはこちら

「週刊ヤングマガジン」2019年51号を無料で読む方法は?

『サタノファニ』113話が掲載されている「週刊ヤングマガジン」2019年51号を読む方法があります。

それはU-NEXTに登録することです。

U-NEXTとは?

U-NEXTに登録すると無料で600ポイント貰えます。

このポイントを利用することで「週刊ヤングマガジン」2019年51号(400円)を実質無料で読むことが出来ます。

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

31日間の無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

U-NEXT公式サイトへ

本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。