『サタノファニ』114話のネタバレ!メデューサ続々集結!

週刊ヤングマガジンネタバレ

今回は「週刊ヤングマガジン」に連載中の『サタノファニ』第114話のネタバレ記事です。

『サタノファニ』114話が掲載されているのは11月25日に発売された「週刊ヤングマガジン」2019年52号です。

113話のネタバレはこちら

115話のネタバレはこちら

前回はメデューサたちが続々と集結するところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『サタノファニ』114話「メデューサ参戦」のネタバレ!

教団信者との戦いの次の日、美依那と霧子は九龍城(クーロンじょう)へ潜入することに。

一方の千歌と小夜子は真希を探すため今まで通り学校に通います。

朝の出欠確認時、なぜか昨夜死んだはずのひよ里が登場。これには千歌も動揺を隠せません。

放課後、屋上でそのひよ里と話をする千歌。やはり彼女はひよ里の双子の姉でした。

彼女曰く、ひよ里の本当の名前は「ほの香」。「カマラ」は教祖から貰った名前とのこと。

そして彼女は千歌がひよ里を殺したことをわかっている様子。妹の死体の在りかを聞くものの、千歌の反応からもう無いことを察し、涙を流します。

攻撃が来るかと身構える千歌ですが、人の目があるうちは殺れないもよう。しかし彼女は千歌に復讐を宣言しました。

彼女の様子に違和感を覚えた千歌。なぜなら殺人鬼のはずなのに殺意や怒りではなく悲しみのみを感じたから。

昨夜ひよ里にやられた傷から血が滲み始めた千歌は治療のため保健室へ。

保健室ではベッドでなぜかカレンと男子生徒がセックスをしていました。カレンは保健教師として潜入していたのです。

昨日の報告を受け、予定よりも早く加勢に来たとのこと。手続きを担当した友坂は裏切りがバレてるのか疑心暗鬼になってるようです。

洋子は羽黒でお留守番ですが、あやは車椅子の生徒として、カチュアは掃除のおばさんとして潜入しています。なお生徒におばさんと呼ばれ苛立ちを隠せなかったもよう……

ちなみに来週はお休みで、次回は12月9日発売号になります。

『サタノファニ』114話の感想

相変わらず謎が多いですね。ひよ里(カマラ)はダーキニーは仲間意識を持たないと言っていたはずですが……血縁関係があると別なんかな?

美依那と霧子の動向も気になるところ。

今回は久しぶりにカレンのセックスシーンがあります。ファンの方は本誌を買うといいでしょう。

「週刊ヤングマガジン」2019年52号を無料で読む方法は?

『サタノファニ』114話が掲載されている「週刊ヤングマガジン」2019年52号を読む方法があります。

それはU-NEXTに登録することです。
115話のネタバレはこちら

U-NEXTとは?

U-NEXTに登録すると無料で600ポイント貰えます。

このポイントを利用することで「週刊ヤングマガジン」2019年52号(400円)を実質無料で読むことが出来ます。

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

31日間の無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

U-NEXT公式サイトへ

本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。