『サタノファニ』115話のネタバレ!新たなメデューサはまさかの!?

週刊ヤングマガジンネタバレ

今回は「週刊ヤングマガジン」に連載中の『サタノファニ』最新話である第115話のネタバレ記事です。

『サタノファニ』最新115話が掲載されているのは12月9日に発売された「週刊ヤングマガジン」2020年2・3号です。


114話のネタバレはこちら

116話のネタバレはこちら

前回はメデューサたちが続々と集結するところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『サタノファニ』115話「ダーカ」のネタバレ!

今回は平(たいら)という男が150m以上もの潜水をしている場面からスタート。

そして学校は下校時間に。帰ろうとするカレンたちですが、千歌は却下。夜は殺し合いの時間だと。発火薬なしで発火しています。

ダーキニーたちが仕掛けてくることを予想する千歌は小夜子に連絡をしますが、なぜか電波が届いていません。

保健医に化けているカレンのもとに男が来ました。男ということはダーキニーではないと判断するカレン。しかし彼がイチモツを勃てていることには違和感を覚えているもよう。

場面は変わって小夜子を探す千歌。小夜子の教室に来たものの誰もいません。そこで保健室から物音が。千歌は急いで保健室へ向かいます。

そこにはカレンと闘っている平の姿が。彼はダーキニーの手下でひよ里についていた男だと千歌は認識しています。

しかし、カレン曰く平には殺人鬼が入っている「男のメデューサ」とのこと。彼は「ダーカ」と名乗りました。

平は千歌と互角に闘っているとカレンは考えましたが、千歌の考えは「互角」というより「発想が同じ」。

そう、平のマーダーモデルは千歌と同じヘンリー・リー・ルーカスだったのでした……

『サタノファニ』115話の感想

今回は結構新たな事実が発覚する回でした。

男のメデューサも存在するということ、マーダーモデルが同じということもあり得るということ。

それにしても教団側も結構すぐ仕掛けてきましたね。

百合豚の自分としてはあまり男のメデューサは歓迎したくないところですが(笑)。

教団がメデューサをどのように作っているのかは相変わらず不明のままなので今後の展開に期待です。
116話のネタバレはこちら

「週刊ヤングマガジン」2020年2号を無料で読む方法は?

『サタノファニ』115話が掲載されている「週刊ヤングマガジン」2020年2号を読む方法があります。

それはU-NEXTに登録することです。

U-NEXTとは?

U-NEXTに登録すると無料で600ポイント貰えます。

このポイントを利用することで「週刊ヤングマガジン」2019年52号(400円)を実質無料で読むことが出来ます。

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

31日間の無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

U-NEXT公式サイトへ

本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。