『サタノファニ』116話のネタバレ!千歌VS平!

週刊ヤングマガジンネタバレ

今回は「週刊ヤングマガジン」に連載中の『サタノファニ』第116話のネタバレ記事です。

『サタノファニ』最新116話が掲載されているのは12月23日に発売された「週刊ヤングマガジン」2020年4・5号です。


115話のネタバレはこちら

117話のネタバレはこちら

前回は千歌と平のバトルが勃発するところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『サタノファニ』116話「ルーカスVSルーカス」のネタバレ!

保健室から物音がしたことでざわつく教師たち。見に行こうとする教師を教団の技術顧問・龍野が制します。教団に言われてしまうと教師たちは従うしかありません。

場面は千歌と平のバトルに戻ります。千歌を殺すことが楽しみで勃起が収まらない平。千歌も決着をつけようと受けて立ちます。

二人のマーダーモデルであるルーカスは毒殺以外のあらゆる手段で殺人を行いましたが、最も好んだのはナイフによる頸動脈の切断。今回のバトルで二人が選んだ武器もナイフでした。

白熱した闘いが続くものの、思考パターンが似ており裏をかくことが難しいとなるとリーチやパワーで勝る平が優勢なのは自明の理。

監視カメラで二人の闘いを見ている羽黒関係者たち。女医は因子は男女関係なく撒いているが反応があるのは女性ばかりだと語ります。共感性を司るミラーニューロンの活動が女性のほうが活発だからだと考えていましたが実際に男のメデューサが存在しているのは事実。体力の差があるため勝つのは難しいと……

追い詰められた千歌。しかしここでカレンが助太刀に入り、怪力で平の首を捻じ曲げて倒すことに成功。逃げるふりをしてカレンの前に誘導していたのでした。

殺したはずなのにまだイチモツを勃たせている平。そう、平はまだ生きていたのです。

カレン目掛けてナイフが飛び次回に続く……

『サタノファニ』116話の感想

女の体で男に勝つのは難しいという普通の結論でした。船では男のヤクザとも闘ってましたが。さすがにアス組長のが強いとは思うけど……

タイマンでは勝てなくても仲間がいるというのもありがちではあります。

それにしてもなぜ首を反対方向に捻じ曲げられて生きているのかというのが最大の謎。羽黒産のメデューサとは根本的に違うのかな?

次回も気になります。あと今回の扉絵は素晴らしかった(百合豚並みの感想)
117話のネタバレはこちら

「週刊ヤングマガジン」2020年4・5号を無料で読む方法は?

『サタノファニ』116話が掲載されている「週刊ヤングマガジン」2020年4・5号を読む方法があります。

それはU-NEXTに登録することです。

U-NEXTとは?

U-NEXTに登録すると無料で600ポイント貰えます。

このポイントを利用することで「週刊ヤングマガジン」2020年4・5号(400円)を実質無料で読むことが出来ます。

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

31日間の無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

U-NEXT公式サイトへ

本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。