『サタノファニ』120話のネタバレ!レイカの運命は……!?

週刊ヤングマガジンネタバレ

今回は「週刊ヤングマガジン」に連載中の『サタノファニ』最新話である第120話のネタバレ記事です。

『サタノファニ』最新120話が掲載されているのは2月3日に発売された「週刊ヤングマガジン」2020年10号です。

119話のネタバレはこちら

前回はあやと桜川の戦闘が勃発するところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『サタノファニ』最新120話「エピソード記憶」のネタバレ!

友人の首をハンマーで吹っ飛ばした桜川。彼女のマーダーモデルを思案するあやですが……

桜川のマーダーモデルはエドモンド・エミール・ケンパー3世。1970年代に6人もの女性ヒッチハイカーを殺害した殺人鬼です。大柄な体格とIQ140の知能が持ち味。

彼は母に虐待されて育ったことから母を憎み、成長するにしたがって歪んでいったとのこと。16歳のころに自身の祖父母を殺す初の殺人を行い、精神科へ。退院後再び母と暮らす羽目になりますが、そこで待っていたのは母の暴言でした。

そして始まった彼のヒッチハイカー殺し。毎週のように見つかるバラバラ死体に町はパニックになりました。

捕まることを悟った彼は母をハンマーで殴り殺します。母の頭部を切断しレイプし罵り続けるというやべー行為をしていました。

彼が母から学んだのは怒りと憎しみだけでした……

あやと桜川の戦闘シーンに戻ります。桜川のハンマーの威力は高く、メデューサ側のパワー担当・カレンより上。そのパワーに加え千歌より上のスピードまで兼ね揃えた強敵です。

龍野曰く、彼が作ったダーキニーは薬物を使った洗脳と催眠術により偽の記憶を構築して造り上げたとのこと。元の人格を消され、殺人鬼の人格を埋め込まれているようです。

さらにトラウマをフラッシュバックさせることで任意のタイミングで凶暴性を引き出すことも可能だと。間久部のメデューサよりも上だという自負があるもよう。その中でも桜川は20万人の信者から選りすぐった逸材だと自慢します。

しかし龍野はあやに見覚えがあるようで……

カレンと千歌は平と交戦中。相変わらず無駄にでかいイチモツを勃てている平にドン引きの千歌。彼女たちが戦っている保健室にダーキニーのひよ里が入ってきて形勢逆転か……!?

一方カチュアと根津。例のハンバーグはレイカではなく、牛のもの。レイカは生きていました。

それを知りホッとするカチュア。しかしその様子を見て根津はカチュアが本当に殺人鬼なのか疑問を抱きます。カチュア曰く殺すにもポリシーがあり、根津にはポリシーを感じないと批評します。

その言葉にキレた根津はカチュアに蹴りを食らわせ、信者にレイカを犯すように命令します。おばさんであるレイカでは興奮しないと異議を申し立てる信者。

しかし、根津はレイカはオナホとして使えと。彼らの前でカチュアをペニバンで犯すというのです。

ここでレイカが一転攻勢!信者をなぎ倒しました。次回に続く……

『サタノファニ』最新120話の感想

レイカの強キャラっぽさが凄い回でした。

メデューサとダーキニーは根本的に造り方が違うってことも判明。

桜川は普通に強そうなので苦戦は必至でしょう。

でもカチュアのレズセはちょっと見たい気もする(笑)

「週刊ヤングマガジン」を読むならeBookJapanがおススメ!

「週刊ヤングマガジン」を読むにはeBookJapanがおすすめです。

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

現在、期間限定で買えば買うほどお得になるポイント還元キャンペーンを実施中です。

なんと今月中に買った本の合計金額の50%もポイント還元されるのです!

初めてのお買い物限定エントリーが必要という点には注意してください。

eBookJapan公式サイトへ

eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。

さらに9000タイトル以上もの漫画が無料で読み放題となっています。

ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。

eBookJapanで「週刊ヤングマガジン」を読みましょう!電子書籍なら日付が変わればすぐ読めます。
ヤングマガジン 2020年10号 [2020年2月3日発売]
ヤングマガジン 2020年10号 [2020年2月3日発売]