『サタノファニ』最新126話のネタバレ!真希VS小夜子の真実とは?

週刊ヤングマガジンネタバレ

今回は「週刊ヤングマガジン」に連載中の『サタノファニ』第126話のネタバレ記事です。

『サタノファニ』126話が掲載されているのは3月16日に発売された「週刊ヤングマガジン」2020年17号です。

125話のネタバレはこちら

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『サタノファニ』126話「教祖様の言う通り」のネタバレ!

燃え盛る炎の中生き延びたカチュアとレイカ。レイカは息子の頭蓋骨と一緒に帰宅することにし、カチュアとはお別れです。

そしてカレンとカチュアにより、捕虜にした教団信者の拷問が始まります……


アジトに集まっているメデューサたち。美依那曰く小夜子の傷はたいしたことないもよう。

撃たれた時のことを語る小夜子。霧子は真希が敵になったことを信じられないようですが……間違いなく小夜子を撃ったのは真希。小夜子は真希が教団により洗脳されたと感じているようです。脱走が失敗するとわかっていたメデューサたちに送り出されたと……

当然真希と対峙した小夜子は反論したものの、真希は聞く耳を持たず。わけのわからないことを話しつつ小夜子を撃ったのでした。

しかし小夜子を守ったのは死んだ姉・瀬里の幻影。これにより小夜子は致命傷を避けられたようです。

そんな中、教団ではたくさんの男女が乱交パーティーを……!?その様子をスクープしようと見ていた輩の後ろから忍び寄るのは教祖の影……

『サタノファニ』126話の感想

真希があの至近距離から外したのはやっぱりそういう理由でしたか。小夜子を殺そうとしたのはオウム真理教におけるポア理論とほぼ同じ。殺人により魂を救済するという……

でもこの教団はオウム真理教と違ってセックス推奨教団なのかな?オウムは教祖だけはハーレムを築いていましたが……

結局のところ真希を救うには瀬里の力が必要になりそう。死んでるけど。

あとレイカの無駄にセクシーな下着ツッコまれてたのは草。

「週刊ヤングマガジン」を読むならeBookJapanがおススメ!

「週刊ヤングマガジン」を読むにはeBookJapanがおすすめです。

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回ログインで50%OFFクーポンが貰えます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされるクーポンです。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば、6回までの購入に使用可能なお得なクーポンとなっています。

eBookJapan公式サイトへ

eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。

さらに2000冊以上もの漫画が無料で読み放題となっています。

ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。

eBookJapanで「週刊ヤングマガジン」を読みましょう!電子書籍なら日付が変わればすぐ読めます。
ヤングマガジン 2020年17号 [2020年3月23日発売]
ヤングマガジン 2020年17号 [2020年3月23日発売]