『海猫荘days』4話のネタバレと感想!【百合姫】

百合姫ネタバレ

今回は「コミック百合姫」に連載中の『海猫荘days』4話(4日目。)のネタバレと感想記事です。

この話が掲載されている「コミック百合姫」2019年7月号では巻頭カラーでした。

『海猫荘days』1巻では3話までが収録されているので、この話が単行本の続きの話となっています。

ここから最初の数ページは読めます。(1巻~34巻絶賛配信中!)を選択→「コミック百合姫」2019年7月号を選択してください。

さて、今回はどうなるのでしょうか?



『海猫荘days』4話のネタバレ!

5歳のとき母に連れられて父の家にやってきた阿島。そこで出会ったのが腹違いの妹・さくらでした。

そして現在、表面上はさくらと阿島は一緒に勉強したりと仲良くしています。

しかし、本妻の子と妾の子の立場の違いか、さくらは立派な屋敷に住んでいるのに対し阿島はボロい離れに住まわされているもよう。

やはり阿島はそのことを快くは思っていないようです。

阿島は町の人から困惑と侮蔑と同情の視線を向けられています。

そんな阿島に対し、唯一そのままの自分と接してくれていたのが海猫荘の管理人・凛でした。

昔のことを思い出しながら海を眺めていた阿島に声をかけてきたのはその凛。

しかしその隣には真由美とひなたが。

その姿を両親とさくらに重ね合わせてしまった阿島は凛から食事に誘われるものの、断って逃げてしまいました。



『海猫荘days』4話の感想

当時コダマナオコ先生はアンソロ系の仕事が多かったせいかページ数は少なめです。カラーページも労力使うらしいですし仕方ないでしょう。

やはりコダマナオコ先生らしいダーク要素を入れてきたなぁという印象です。

父親からすれば血繋がってるのにこの扱いの違いは酷いですね。

姉妹百合は血が繋がっていないパターンのが多い気がするのでそういう意味では珍しいかも。

まあさくらと阿島の関係はかなり難しそうですが……

阿島が凛を好きなのはわかったので今後真由美との関係も含め、どう展開していくのか非常に楽しみです。

『コミック百合姫』2019年7月号を無料で読む方法とは?

『海猫荘days』4話が掲載されている『コミック百合姫』2019年7月号を無料で読むには、公式で漫画を配信しているサイトに登録して、登録時に貰えるポイントを使って読むことになります。

以下の2つの選択肢があります。

サービス名 無料期間/無料ポイント 継続時月額費用
U-NEXT 31日間/600ポイント 1990円(税抜)
FODプレミアム 1か月/最大1300ポイント 888円(税抜)

 

FODプレミアムが「最大1300円ポイント」となっているのは、「8が付く日」にログインする必要があるからです。
8日、18日、28日にログインするたびに400ポイント貰えるので最大で1200ポイント+登録時に貰える100ポイントで最大1300ポイントという意味です。

さて、この中で『コミック百合姫』2019年7月号を読むのにベストなのはどこでしょうか?

U-NEXT

この中でもおすすめはU-NEXTです。

無料で貰えるポイントは600ポイントなので完全無料というわけにはいきませんが、差額のたった99円で『コミック百合姫』2019年7月号を読むことが出来ます。

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

この毎月貰えるポイントを利用して『コミック百合姫』を購読してみてはいかがでしょうか?

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

U-NEXT公式サイトへ

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

FODプレミアム

FODプレミアムもおすすめです。前述したようにすぐには読めない点、8が付く日にログインが必要という点がややマイナスです。

U-NEXTと比べると月額888円(税抜)とかなり安く、最大で1300円分のポイントが貰えるうえに電子書籍の購入時20%分のポイントが還元されるのがメリットです。『コミック百合姫』の場合129ポイントも還元されます。

ログインを忘れない自信がある人はFODプレミアムをおすすめします。

また、『コミック百合姫』の発売日は毎月18日なので都合がいいです。888円(税抜)で毎月『コミック百合姫』を購入しつつポイントが貯まるというのはかなりお得です。

もちろん無料期間中に解約すれば料金はかかりません。
FODプレミアム公式サイトへ

この機会にU-NEXTやFODプレミアムに登録して『コミック百合姫』を購読してみてはいかがですか?