『割り切った関係ですから。』6話のネタバレ!【百合姫】

百合姫ネタバレ

今回は「コミック百合姫」に連載中の『割り切った関係ですから。』(通称:割り関)最新話(6話)のネタバレ記事です。

今回は『割り切った関係ですから。』単行本1巻収録の話の続きとなります。

↓単行本の記事はこちら↓

7話のネタバレはこちら

前回は陽紀が静との連絡手段を確保したところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

6話最初の数ページはここから読むことが出来ます。登録も不要です。「サンプルを読む」からどうぞ。



『割り切った関係ですから。』6話のネタバレ!

静が昔愛した女性「夜瑠」として静と一夜を共にした綾。

綾は見た目も「夜瑠」になりきろうとしますが、彼女は綾とは正反対の派手目な子だったとのこと。そこまでしなくていいかと諦める綾でした。

一方、陽紀はKUROと連絡を取ります。そこで陽紀はKUROにいろいろ質問します。

そして性別を聞き、KUROが女であることを知った陽紀は今やっていることが無意味なのでは思ってしまいます。

しかし気になるのはKUROが送っていた「抱きたい」というメッセージ。

KUROが綾を抱く妄想をしてしまった陽紀は苦悩します。



KUROから送られてきた「私たちはルールを作った それで均衡を保っている」というメッセージの意味を考える陽紀でした。

そんな中声をかけてきたのが綾。

綾は陽紀の短いスカートに興味を持ちます。そして陽紀はスカート交換を持ち掛けます。

スカートを脱いで渡す綾ですが陽紀は綾の成長した身体に興奮?

陽紀は綾にKUROと寝たのかドストレートに聞きます。

綾は答える必要なんかないと答え、陽紀は謝ります。

スカートを交換した二人ですが二人ともいつもと違うスカートの丈にしっくりこなかったようで……

一緒に帰る二人ですが青夏女子の制服を着た女の子に声をかけられます。

持田理華子と名乗ったその子は綾のメガネを壊してしまったあの子でした(3話参照)。

陽紀は綾に青夏女子の知り合いがいることを不審に思います。

理華子は綾と青夏女子の黒崎先生が知り合いであることを陽紀にバラシてしまいます。

綾は陽紀に言いづらいことが増えて関係が壊れてしまうことを危惧しているもよう……

『割り切った関係ですから。』6話の感想

理華子が入ってきてまためんどくさくなりそうです。

ギャル高校である青夏女子ですが彼女はあれでも地味なほうらしい。

メガネを壊したお詫びを渡すなど表面上はいい子っぽいけどかなり裏がありそうなキャラです。もう片鱗見えてますけどね……

陽紀も綾に対して歪んだ愛着を持ってるやべー奴なんでしょうが、本人にその自覚があまりなさそうなんですよね。

綾は綾で他人になりきれば肉体関係も持てるとかかなりぶっ飛んでるし、静のヤバさは言うまでもないです。

登場人物がやべー奴ばっかなんですが、あまりそういう描かれ方をしていないのがこの作品の面白い点だと思います。

今回の話の中では綾がスカートを渡すシーンはなぜか見開きなので注目。体のラインがえっちすぎるんだよなぁ……

陽紀とKUROのやりとりのシーンはかなりシュールなのでこっちにも注目してください。百合姫でコナンの犯人みたいな黒タイツ見るとは思わなかった(笑)。

『コミック百合姫』をお得に読む方法とは?

コミック百合姫』を読むにはDMM電子書籍がおすすめです。

DMM電子書籍では初回ログインで50%OFFクーポンが貰えます。このクーポンはなんと初回購入時の全作品が50%割引されるお得なクーポンとなっています。


電子書籍なら場所も取りませんし、紙の本よりも安く買えます。『コミック百合姫』なら紙の場合830円+税ですが、電子書籍なら税込みで699円です。しかも発売日になればすぐに読めます。

お得なDMM電子書籍で『コミック百合姫』を読みましょう!

DMM電子書籍公式サイトへ

DMM電子書籍についてはこの記事で詳しく説明しています。
DMM電子書籍は初回購入がお得?評判はどう?