『五等分の花嫁』は14巻で打ち切り!?その理由は?

漫画雑記

五等分の花嫁』は春場ねぎ先生による漫画で、「週刊少年マガジン」にて連載していました。

2019年にはアニメ化されたことで人気に火が付き、単行本の累計発行部数は860万部を超える大ヒット作です。

そんな『五等分の花嫁』ですが、検索してみると「打ち切り」の文字がサジェストされるのは有名な話。

そして2019年12月には『五等分の花嫁』が14巻で終了することが作者のツイッターにて明かされました。

さて、『五等分の花嫁』が14巻で終わるのは打ち切りなのでしょうか?



『五等分の花嫁』は14巻で打ち切り!?その理由は?

結論から申し上げますと、『五等分の花嫁』が14巻で終わるのは打ち切りではありません

そもそも作品が打ち切られるのはほぼ単行本の売り上げ不振が原因です。もちろん作者の急病や大人の事情などの理由もあるのですがそれはかなりの少数派。

最近では『め組の大吾』『昴』『capeta』などのヒット作で有名な曽田正人先生の女子高生ラップバトル漫画『Change!』が打ち切りになりました。

『五等分の花嫁』は単行本の累計発行部数が1000万部を超えることは間違いない大ヒット作。明らかに「単行本の売り上げ不振」ではありません。

ではなぜ『五等分の花嫁』が14巻で終わるのでしょうか?



これは作者の春場ねぎ先生と担当編集で話し合い、無理に引き延ばさせず終了させる方針を取ったからです。

もともと春場ねぎ先生は「面白く引き延ばすことができない」らしく、無理に延ばして評価を下げるよりも人気のまま終わらせることを選んだということでしょう。

「5人のヒロインのうち一人と結婚する」という設定である以上、読者が「結婚相手は誰なのか」を早く知りたがるのは当然のこと。結婚相手が明かされないまま長々と連載を続けていたら飽きられてしまう可能性もあります。

『五等分の花嫁』が終わってしまうのは悲しいですが、引き延ばさずに終わらせたのは英断だと思います。



『五等分の花嫁』のアニメは打ち切りになった!?

もう一つ『五等分の花嫁』が打ち切りになったと思われているのが2019年1月~3月に放送されたアニメです。

アニメーション制作は「手塚プロダクション」が担当だったのですが、作画の評判が悪かったのです。

静止画で見ると擁護できないものの、動いてるのを見るとそこまで酷いわけではなかったと思います。個人的には次クールの『八月のシンデレラナイン』のがよっぽど崩壊していたように思えますね……

とはいえ打ち切りにはなっておらず、予定通り12回きちんと放送しました。2期の放送も発表済みです。

また、アニメ最終回の結婚式のシーンのせいで打ち切りになったと勘違いした人が「五等分の花嫁 打ち切り」と検索したことで未だにサジェストに表示されてしまっているのもありそうです。

アニメファンの中には原作を読んでいない人もいるので仕方ないでしょう。



まとめ

『五等分の花嫁』は打ち切りになっていません。最終巻の前の巻となる13巻は1月17日発売、最終14巻は4月17日に発売されました。

『五等分の花嫁』原作を読んでおきたい人は以下のサイトをおススメします。なお原作は終わりましたが、フルカラー版の刊行は続いています。一度読んだ人でも色が付くだけで印象が変わると思うので、以下のサイトで試し読みしてみるといいでしょう。

『五等分の花嫁』をお得に読むには?

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。


まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!
まんが王国公式サイトへ

お得に漫画が読めるサービスランキング!
まんが王国

・初回登録で半額クーポンが必ずもらえる!
・無料で読める漫画が2,500作品以上!
・毎日「来店ポイント」がもらえる!
・毎日最大50%のポイントが還元!

DMM電子書籍

・初回購入時の全作品が50%オフ(100冊まで)!
・お得なセールも頻繁に開催!

U-NEXT
月額料金 1990円(税抜)
無料期間/無料ポイント 31日間/600ポイント
その他のメリット 13万本の動画が見放題
70誌以上の雑誌が読み放題
電子書籍購入時最大40%のポイントバックあり
漫画雑記
マンガがすこだ……をフォローする
マンガがすこだ……