『比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。』2巻のネタバレ!

その他ネタバレ

紺矢ユキオ先生による人気漫画『比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。』。

お互いのオナニーが見えるという斬新すぎる設定のラブコメ作品で非常に話題になっており、1巻は大好評で重版もしました。

今回は『比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。』2巻のネタバレ記事です。

1巻のネタバレはこちら

3巻のネタバレはこちら

『比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。』2巻のネタバレ!

第6話

目的地である屋敷に到着した央樹と日菜子。しかし屋敷内には誰もおらず、『注文の多い料理店』を模した指示書きがありました。

指示の通りにクリームを塗りあう二人ですが、当然デリケートな部分にも塗る必要があり……!?

第7話

用事を終えて日常生活に戻った二人。クラスメイトの話を聞いていた日菜子は、自分のオナニーの回数が一般の女子よりも明らかに多く、性欲が強すぎるのではという疑念を抱きます。

少しオナニーを自重しようとする日菜子ですが、央樹のオナニーが見えると我慢できなくなり……?

第8話

先生に頼まれ試写室の整理を二人きりですることになった央樹と日菜子。

央樹から出た意外な言葉に日菜子は興奮し……!?

第9話

試写室の整理は意外と重労働。汗で下着が透けてきた日菜子は央樹がチラチラ見てると思い、誘惑する作戦に。

自分がいなくなれば央樹がオナニーを始めると思い込んだ日菜子は、試写室を出るフリをして央樹を観察。しかし見回りの先生が電気を消してしまい……?

暗闇の中でお馴染みの押し倒しハプニング!日菜子のおっぱいを思いきり触ってしまった央樹でした。

第10話

相変わらず央樹のことが気になって仕方ない日菜子。彼の成績が上がってきたことに喜びます。

そして央樹に「ご褒美」をあげることを考える日菜子でした……

『比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。』2巻の感想

ややもどかしい展開が続きます。両想いなのはわかっているけど……という設定なので当然ですが。お互いにオカズにしあってるのがわかってるってスゲーな?

屋敷での話はかなり意味深でした。魔女とどんな関係があるのかは謎。今後明らかになってきそうです。

日菜子の性欲の強さはいいと思いますね。他人と比べてはいけない(戒め)。

また、2巻は1巻と同じく描き下ろしはかなり長め。9話の後、央樹におっぱいを揉まれて触られるのが癖になってしまいそうな日菜子の葛藤が描かれています。

2巻で一番エロかったのは表紙めくってすぐの扉絵かなぁ……自分でスカート捲りあげるのっていいよね…

『比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。』は以下のサイトならお得に読めます。

『比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。』をお得に読むには?

漫画をお得に読むにはコミックシーモアがおススメです。

2004年から続いており、NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレが運営しているので、安心して利用できるでしょう。

コミックシーモアでは登録時、なんと70%オフクーポンが貰えます。660円の漫画も200円弱に!

また、コミックシーモアにはお得な月額コースもあります。ボーナスポイントが貰えるため、購入頻度によっては都度購入よりもお得!いつでも解約可能なので安心して登録できます。

コミックシーモアでは常にお得なキャンペーンを実施しており、丸々一冊無料で読める漫画も大量にあります。

やはり初回購入時限定とはいえ70%オフクーポンは魅力!登録は1分でできます。

コミックシーモアでお得に漫画を読みましょう!
コミックシーモア公式サイトへ

試し読みは会員登録しなくてもできます。