『プラチナエンド』が打ち切りになったって本当?その理由は?

漫画雑記

プラチナエンド』は原作:大場つぐみ先生、作画:小畑健先生による漫画で、『ジャンプスクエア』にて連載していました。

累計発行部数は450万部を突破している大ヒット作品となっており、2021年10月からはアニメが放送予定です。

さて、『プラチナエンド』をGoogleで検索してみると、「打ち切り」の文字がサジェストされます。

では『プラチナエンド』が打ち切りになったというのは本当なのでしょうか?

今回は『プラチナエンド』打ち切り疑惑についてです。

『プラチナエンド』が打ち切りって本当!?

『プラチナエンド』が『ジャンプスクエア』で連載していたのは2015年11月4日から2021年1月4日まで。2021年2月発売の単行本14巻をもって完結しています。

さて、この完結は「打ち切り」によるものなのでしょうか?それとも予定通り終わっただけなのでしょうか?

漫画が打ち切りになる要素として最も大きいのは「単行本の売り上げ」。基本的には単行本の売り上げが悪く、採算が取れないと判断された作品から打ち切りになっていきます。

しかし、『プラチナエンド』は累計発行部数も多く、売れていない作品とはとても言えません。とはいえ、人気が徐々に下がっていくことは普通にあり得ますが。

一応『プラチナエンド』に関しては円満終了との見方が強いです。


また、作者は『DEATH NOTE』、『バクマン。』といった大ヒット作を生み出したコンビ。そんな功労者の作品を容赦なく打ち切りにすることは考えにくいでしょう。売れていないならともかく、ある程度は売れていますしね。

まあアニメ化を控えているのに完結していたら打ち切りを疑われること自体は仕方ないと思います。



『プラチナエンド』に打ち切り疑惑が浮上した理由は?

『プラチナエンド』に打ち切り疑惑が浮上した理由として考えられるのが、その終わり方。なかなか読者を納得させるような結末ではなかったようです。


この終わり方から「打ち切り」を疑われてしまったようです。

一方で、終わり方に対する好意的な意見もあります。

そもそも読者の多い人気作において、万人を納得させるような結末を用意することは非常に難しいです。ある程度の賛否両論が出てしまうのは仕方ないでしょう。



まとめ

『プラチナエンド』に打ち切り疑惑が浮上した理由は、その終わり方にあります。一応打ち切りではないようです。

あの終わり方をどう捉えるかはまさに読者次第といったところ。そういう意味では非常に考えさせられる作品です。

実際にアニメを観たり原作を読んで考えてみてはいかがでしょうか。

コミック.jpなら1350ポイントが無料お試し登録で貰えるため、非常にお得に漫画を読めます。『プラチナエンド』を読みたいなら利用してみるといいでしょう。

『プラチナエンド』をお得に読むには?

漫画をお得に読むにはコミック.jp がおススメです。

music.jpと同じ株式会社エムティーアイが運営しているため、安心して登録できるでしょう。

このページから登録すると1350ポイントも貰えます。1350円分もの漫画が実質無料で読めることに!

コミック.jpは月額1100円のサービスですが、30日間は無料で利用可能!もちろんこの無料期間に退会した場合は料金はかかりません。さらに購入した本は退会後も読めます

継続しても月額1100円で1350円分のポイントが貰え、10%ものポイント還元がされるためお得です。気に入ったら継続するといいでしょう。

今のうちにコミック.jpに登録してお得に漫画を読みましょう!
コミック.jpへ

30日間の無料期間のうちに退会すれば料金はかかりません
お得に漫画が読めるサービスランキング!
コミック.jp

・お試し登録で1350円分の漫画が読める!
30日間の無料お試し期間あり!
・退会しても漫画が読める!
・ポイントキャッシュバックでお得!

U-NEXT

・登録で漫画等の購入時に使える600ポイントが必ずもらえる!
13万本以上の動画が見放題!
70誌以上の雑誌が読み放題!
・電子書籍購入時最大40%のポイントバックあり!

DMMブックス

・お得なキャンペーンを随時開催!

漫画雑記
マンガがすこだ……をフォローする
マンガがすこだ……