『怪病医ラムネ』は打ち切りになっていた!?その理由とは?

漫画雑記

怪病医ラムネ』は阿呆トロ先生による漫画で、『マガジンポケット』にて連載中です。

「目からマヨネーズが出る」「指先が唐辛子になる」といった怪病をテーマにした異色の医療ファンタジーとして人気があります。

さらに2021年1月からはアニメが放送中であり、非常に話題になっています。

そんな『怪病医ラムネ』ですが、検索してみると「打ち切り」の文字が(ラッコキーワードからサジェストを表示できます)。アニメ化している作品なのに打ち切りというのは本当でしょうか?

今回は『怪病医ラムネ』打ち切り疑惑についてです。

『怪病医ラムネ』が打ち切りって本当!?

前述のように、『怪病医ラムネ』は『マガジンポケット』にて連載中です。

そもそも打ち切りになっていないのに「打ち切り」の文字がサジェストされることは珍しくありません。しかし、サジェストされてしまうからには何らかの理由があることがほとんど。

では『怪病医ラムネ』の場合、なぜ「打ち切り」の文字がサジェストされてしまうのでしょうか?



『怪病医ラムネ』は打ち切りになったことがある?

実は『怪病医ラムネ』は本当に打ち切りになった経験があります。

『月刊少年シリウス』で連載を開始した『怪病医ラムネ』ですが、途中から『マガジンポケット』に移籍。基本的に『マガジンポケット』への移籍はファンから「左遷」「島流し」とも呼ばれるように、あまりいいイメージはありません。

そして2019年6月28日の更新が「最終回」と発表されました。

しかし、2019年5月に作者が投稿した『怪病医ラムネ』1話がバズりまくり、5.3万リツイート、13万いいねを記録。


目からマヨネーズ」というワードのインパクトが強く、SNS向きだったこともあるでしょう。

このバズりがきっかけとなり『怪病医ラムネ』の売り上げは爆上げ。一時は書店で品薄となるほどでした。

そして2020年9月にアニメ化&連載再開が発表。連載終了からSNSをきっかけに復活しアニメ化までするというかなり珍しい道を辿っている作品です。

ではなぜ『怪病医ラムネ』は一度打ち切りになってしまったのでしょうか?



『怪病医ラムネ』が打ち切りになった理由は?

作者は最終話更新後、このようにツイートしています。


「実力不足で続きを描くことが叶わなかった」というのは編集部から打ち切りを宣告されたということでしょう。

その理由となるのはほとんどの場合「単行本の売り上げ不振」。出版社は単行本で利益を上げる必要があるため、売り上げ不振の作品は打ち切りにせざるを得ません。

実際にAmazonレビューの件数もアニメ化されるような作品にしては少なく、1巻は43件あるものの、2巻では16件、3巻では28件のみ(2020年12月時点)。とはいえ評価は高く、ファンからは人気だったことがうかがえます。

『怪病医ラムネ』が一度打ち切りになった理由は「単行本の売り上げ不振」と考えて間違いないと思います。



まとめ

『怪病医ラムネ』は一度打ち切りになっています。理由は「単行本の売り上げ不振」でしょう。

しかしSNSでのバズをきっかけに連載再開、アニメ化にまでこぎつけました。

一度最終回になっても復活があり得るというのは作者側にとってもファンにとっても希望を与えてくれます。改めてSNSの力がよくわかる出来事でした。

『怪病医ラムネ』は「怪病」がテーマですが「目からマヨネーズ」でもわかるようにグロ要素も無く、ギャグ要素の強い作品で非常に面白いです。アニメの出来次第ではさらに人気が出るでしょう。

コミックシーモアなら初回ログイン時に貰える70%オフクーポンを使ってお得に漫画を読むことができます。

『怪病医ラムネ』をお得に読むには?

漫画をお得に読むにはコミックシーモアがおススメです。

2004年から続いており、NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレが運営しているので、安心して利用できるでしょう。

コミックシーモアでは登録時、なんと70%オフクーポンが貰えます。660円の漫画も200円弱に!

また、コミックシーモアにはお得な月額コースもあります。ボーナスポイントが貰えるため、購入頻度によっては都度購入よりもお得!いつでも解約可能なので安心して登録できます。

コミックシーモアでは常にお得なキャンペーンを実施しており、丸々一冊無料で読める漫画も大量にあります。

やはり初回購入時限定とはいえ70%オフクーポンは魅力!登録は1分でできます。

コミックシーモアでお得に漫画を読みましょう!
コミックシーモア公式サイトへ

試し読みは会員登録しなくてもできます。