『トモちゃんは女の子!』が打ち切りになったって本当!?理由は最終話?

本ページはプロモーションが含まれています

トモちゃんは女の子!』は柳田史太先生による漫画で、「ツイ4」にて連載していました。

2023年1月からはアニメが放送予定となっており、国内外でかなり話題になっている作品です。本作は海外人気が非常に高いもよう。

さて、そんな『トモちゃんは女の子!』は単行本全8巻ですでに完結しています。

Googleのサジェストでは打ち切りと表示されていますが、本当に打ち切りで完結してしまったのでしょうか?

今回は『トモちゃんは女の子!』打ち切り疑惑についてです。



SNSで話題の新サービス『DMM プレミアム』

DMM TVが見放題で他特典多数!!詳しくは↑

『トモちゃんは女の子!』が打ち切りって本当!?その理由は?

結論から申し上げますと、『トモちゃんは女の子!』が打ち切りになったというのは不明です。前述のように、完結はしているものの、それが打ち切りなのかはよくわからないというのが事実。

個人的には、打ち切りではないと思っています。

その理由としては、まず4コマでの単行本8巻というのは十分に長期連載であることが挙げられます。連載期間は2015年4月~2019年7月と約4年3カ月とそこそこの長さ。

単行本が売れずに打ち切りにするならもっと早く打ち切りになっていると思います。そもそも人気が無かったら8巻も単行本を出せませんからね。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
トモちゃんは女の子!(8)

もう一つの理由としては、『トモちゃんは女の子!』は「ツイ4」ではかなりの人気があり、看板作品とも言えるような作品だったからです。2016年の第2回「次にくるマンガ大賞」ではWebマンガ部門第1位を獲得しています。

さすがにこのレベルの人気があり、アニメ化されるような作品が打ち切りの対象になる可能性はかなり低いと思います。「ツイ4」はそこまでメジャーな媒体でもないですし。『幸せカナコの殺し屋生活』は人気ですが、それ以外の人気作に恵まれていない印象はあります。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
幸せカナコの殺し屋生活(1)

そう考えると、やはり『トモちゃんは女の子!』は打ち切りではなく描き切って完結してのだと思われます。

ではなぜ『トモちゃんは女の子!』のサジェストに「打ち切り」が表示されてしまうのでしょうか?



『トモちゃんは女の子!』に打ち切り疑惑が浮上した理由は?

では『トモちゃんは女の子!』に「打ち切り」がサジェストされてしまう理由は何なのでしょうか?

これにもいくつかの理由が考えられます。

まずは最終回のタイトル。


サブタイトルの「アタシ達の戦いはこれからだ!!」は明らかに打ち切りの定番のフレーズである「俺たちの戦いはこれからだ!」を意識しています。これ単体で記事があるほどの有名なフレーズなので知らない人は覚えておくといいと思います。

外部リンク→俺たちの戦いはこれからだとは (オレタチノタタカイハコレカラダとは) [単語記事] – ニコニコ大百科
外部リンク→俺たちの戦いはこれからだ! (おれたちのたたかいはこれからだ)とは【ピクシブ百科事典】

要するに、打ち切りの定番フレーズを最終回のサブタイトルにしたせいで、打ち切りと疑われてしまったということですね。まあテンション高めのギャグ系ラブコメなのでできることだと思います。



次に考えられるのが最終回の内容。やや駆け足で終わってしまった感はあり、一部読者から困惑の声が上がっていました。

そして最後の理由として考えられるのが、『トモちゃんは女の子!』を掲載している媒体「ツイ4」の座談会炎上事件

これは2015年6月に第1回が開催された、新人発掘のためのコンテストのようなものです。どこの媒体でも新人の作品を募集していたりはするので、それ自体は普通のことでしょう。

問題はその内容。編集者たちが応募作品を酷評し、炎上してしまったのです。

2015年のことですし、炎上したのでページは消えてるかなと思いましたが、なんと2023年現在もそのページは閲覧可能なので興味のある人は見てみてください。

外部リンク→『第1回 ツイ4新人賞座談会』 | ツイ4 | 最前線

投稿作品のクオリティが低いのは事実にしても、公の場で作品を酷評したことから批判が殺到してしまいました。

さらにこの座談会の公開のタイミングと前後して、当時の「ツイ4」看板作品『女の友情と筋肉』が「別件で思うところが色々あります」と意味深な言葉を残し休載に。

その約1か月後には人気ゲーム「チェインクロニクル」の4コマ漫画『ぷちぇインクロニクル』が連載を終了します。作者はこのことを知らなかったようで、また炎上騒ぎに。

しかしこの件については後日公式からリリースがありました。

外部リンク→[お知らせ] 2015.07.16 | 『ぷちぇインクロニクル』連載終了の件に関しまして | 星海社

要するに出版社と作者で条件が合わなかったようですが、両者言い分が食い違っている部分もあるのでこれだけでは何とも言えないところ。

このように『トモちゃんは女の子!』を掲載している媒体「ツイ4」で問題が続いてしまったため、本作も打ち切りだと思われてしまったのでしょう。

そもそも「ツイ4」を運営している星海社は評判が悪いようで、サジェストの一番目に「クズ」が表示されるほど(笑)。

まあこれは星海社COMICSから出版されている『クズとメガネと文学少女(偽)』の影響もあるでしょうが……『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』で有名な谷川ニコ先生の作品なのでそれなりに注目されていましたし。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
クズとメガネと文学少女(偽)(1)

ちなみにツイ4新人賞座談会現在も続いています。もう90回以上になるんですねぇ……

最近は作品のクオリティが上がってきたこともあってか、編集部のコメントも適切なアドバイスといった感じ。気になる人は見てみてください。

外部リンク→ツイ4新人賞座談会 | ツイ4 | 最前線

まとめ

『トモちゃんは女の子!』は完結しているのは事実ですが、打ち切りではないと思います。最終回のタイトルや、掲載媒体「ツイ4」が起こした炎上騒ぎから打ち切りを疑われてしまった可能性が高いです。

『トモちゃんは女の子!』はボーイッシュな女の子を主人公とした異色のラブコメ作品で、非常に面白かったです。アニメで興味を持った人は漫画版も読んで欲しいところ。

アニメは世界各地域で展開されるとのことなので、世界中で人気になってほしいですね。日本よりも海外で人気なのはなんかわかる気がする作品でした。日本だとどうしてもボーイッシュ系よりも、普通にかわいいヒロインのが評価されがちな気がします。

アニメ『トモちゃんは女の子!』は新しいサブスクのDMMプレミアムで視聴可能です。

月額料金も550円(税込み)と安く、ポイント還元のおかげで実質3か月無料で利用可能!他のアニメも多数あります。

DMMブックスなら初回ログインでなんと70%オフクーポンが貰えます。初回購入時の全作品が対象で、最大割引額3000円とお得に漫画を購入することが可能。

試し読みはこちら

また、コミックシーモアでも初回ログイン時に貰える70%オフクーポンを使ってお得に漫画を読むことができます。

『トモちゃんは女の子!』をお得に読むには?

漫画をお得に読むにはコミックシーモアがおススメです。

2004年から続いており、NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレが運営しているので、安心して利用できるでしょう。

コミックシーモアでは登録時、なんと70%オフクーポンが貰えます。660円の漫画も200円弱に!

また、コミックシーモアにはお得な月額コースもあります。ボーナスポイントが貰えるため、購入頻度によっては都度購入よりもお得!いつでも解約可能なので安心して登録できます。

コミックシーモアでは常にお得なキャンペーンを実施しており、丸々一冊無料で読める漫画も大量にあります。

やはり初回購入時限定とはいえ70%オフクーポンは魅力!登録は1分でできます。

コミックシーモアでお得に漫画を読みましょう!
コミックシーモア公式サイトへ

試し読みは会員登録しなくてもできます。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
トモちゃんは女の子!(1)