『もののがたり』に打ち切り疑惑が浮上!?噂の理由は何?

本ページはプロモーションが含まれています

もののがたり』はオニグンソウ先生による漫画で、「ウルトラジャンプ」にて連載中です。

2023年1月からはアニメが放送予定で、ファンの期待も非常に高まっているもよう。

さて、そんな『もののがたり』ですが、現在も連載中にもかかわらず、なぜか打ち切りになったのではという疑惑が浮上しているようです。

ではなぜそのような噂が浮上してしまったのでしょうか?

今回は『もののがたり』打ち切り疑惑についてです。



SNSで話題の新サービス『DMM プレミアム』

DMM TVが見放題で他特典多数!!詳しくは↑

『もののがたり』に打ち切り疑惑が浮上!?噂の理由は?

前述のように、『もののがたり』は2023年1月現在も「ウルトラジャンプ」にて連載中です。

しかし、実は『もののがたり』はもともと「ミラクルジャンプ」という雑誌で連載をしていました。

「ミラクルジャンプ」はあまり耳に馴染みが無い人も多いと思いますが、それもそのはず。この雑誌は2017年2月に休刊となってしまったのです。

そして『もののがたり』は「ミラクルジャンプ」が休刊する前に「ウルトラジャンプ」に移籍していたのでした。

このことを知らない人からすると、『もののがたり』が打ち切りになったと考えてしまうのも仕方のないことかもしれません。なんせ掲載誌が休刊してるんですからね……

ちなみに、「ミラクルジャンプ」には人気作『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』や『テラフォーマーズ』も連載していました。両作品は「週刊ヤングジャンプ」に移籍しています。

まあ掲載媒体が移籍になったことで「打ち切り」だと誤解されてしまうことは多々あります。特に人気雑誌からアプリに飛ばされた場合はその傾向が強め。「週刊少年マガジン」から「マガジンポケット」に移籍することになった『インフェクション』は作品の内容も相まって打ち切りを疑われました。

『インフェクション』が打ち切りになった理由は?エロシーン?グロシーン?
『インフェクション』は及川徹先生による漫画です。 本作は過激な内容で人気ですが、ヤフーで「インフェクション」と入力すると打ち切りの文字がサジェストされます。 さて、『インフェクション』は本当に打ち切りになってしまったのでしょうか?打ち切りの...

『もののがたり』の場合は休刊する雑誌から救出したという感じなので、この例とはちょっと違いますね。人気作を休刊する雑誌の道連れにするわけにもいかないので、掲載誌を移籍させる必要があったということです。



まとめ

『もののがたり』に打ち切り疑惑が浮上した理由は、掲載誌が「ミラクルジャンプ」から「ウルトラジャンプ」に移籍したからでした。「ミラクルジャンプ」は雑誌自体が休刊となってしまいました。

『もののがたり』はやや人を選ぶ感はあるものの、ハマる人はハマりそうな魅力的な作品です。

アニメ『もののがたり』は新しいサブスクのDMMプレミアムで視聴可能です。

月額料金も550円(税込み)と安く、ポイント還元のおかげで実質3か月無料で利用可能!他のアニメも多数あります。

アニメで興味を持った人はぜひ原作漫画を読んで欲しいです。

DMMブックスなら初回購入時なんと70%オフクーポンが貰えます。初回購入時の全作品が対象で、最大割引額3000円とお得に漫画を購入することが可能。

試し読みはこちら

また、コミックシーモアでも同じくお得に漫画を読めます。

『もののがたり』をお得に読むには?

漫画をお得に読むにはコミックシーモアがおススメです。

2004年から続いており、NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレが運営しているので、安心して利用できるでしょう。

コミックシーモアでは登録時、なんと70%オフクーポンが貰えます。660円の漫画も200円弱に!

また、コミックシーモアにはお得な月額コースもあります。ボーナスポイントが貰えるため、購入頻度によっては都度購入よりもお得!いつでも解約可能なので安心して登録できます。

コミックシーモアでは常にお得なキャンペーンを実施しており、丸々一冊無料で読める漫画も大量にあります。

やはり初回購入時限定とはいえ70%オフクーポンは魅力!登録は1分でできます。

コミックシーモアでお得に漫画を読みましょう!
コミックシーモア公式サイトへ

試し読みは会員登録しなくてもできます。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
もののがたり 1