『娘の友達』の結末は?最新7巻のネタバレ(最終回あり)!

その他ネタバレ

萩原あさ美先生による人気漫画『娘の友達』。

そのテーマからいろいろと物議を醸した作品ではありますが、7巻で完結を迎えました。ちなみに打ち切りではないのでご安心を。

『娘の友達』はホラー!?炎上して連載中止になったって本当?
『娘の友達』は萩原あさ美先生による漫画で、コミックDAYSにて連載していました(2020年12月完結)。 各種電子書籍サイトのランキング上位に食い込むほど人気の作品となっており、紙の単行本も重版がガンガンかかっている今話題の作品となっ...

今回は『娘の友達』最終7巻のネタバレ記事です。

『娘の友達』7巻のネタバレ!

6巻のラストで古都は晃介に電話をかけて失踪してしまいます。

晃介は彼女を探しに行こうとしますが、娘の美也に見つかってしまいました。古都を探しに行くのは晃介の役目じゃないし、また自分を裏切るなら許せないと言う美也に対し、晃介は古都が好きだと言い、タクシーに乗り込みます。

そんな晃介の姿を見て美也は吐き気を催し、三崎のところに電話をかけるのでした。



古都が向かった先はあの日と同じ盛岡。ネカフェで夜を明かそうとする古都ですが、ガラの悪そうな男二人に襲われてしまうピンチに。しかも店員もグルという最悪の状況でした。

そのピンチを救ったのは晃介でした。ボコボコにされつつもなんとか二人を撃退した晃介は、そのままネカフェで古都と話すことに。

そこで晃介は良いとか悪いとかは自分で決めるべきだと言います。そして告白まがいのことも……?

晃介と古都は手をつなぎ、抱き合い、幸せなキスをするのでした……



翌朝、晃介が帰宅すると三崎と入れ違いに。美也は一睡もできなかったようです。

古都が帰宅すると母が呼んだ警察が来ていました。晃介と一緒にいたのかと問い詰め、古都をビンタする母。

しかしそんな母を古都は抱きしめ、「ちゃんと親子になりたい」と言うのでした。古都は「良い子」でいることに疲れ、母から逃げたかったのだと……でもそれは母も一緒だと古都は言います。

そして古都は母のことを好きだと言い、泣き出してしまうのでした。



あの日から晃介は古都と連絡を取っていませんでした。会社では陰口を叩かれ肩身が狭くなっているもよう。美也と三崎は上手くやっているようです。

晃介は古都に出会った喫茶店で一服することに。すると母から許可を貰い、バイトに復帰した古都がいました。

バイト上がり、一緒に帰る二人。そして二人はお互いの気持ちを確かめ合うのでした……

『娘の友達』7巻の感想

非常に美しいラストだったと思います。とはいえ数々の問題が解決したわけではなく、結末に関しては賛否両論といったところ。

そもそもこの作品のテーマが晃介と古都の関係性と思いきや、古都と過保護な母の関係性も同じくらい重要なテーマでした。

ただ、この結末だとサブタイトルの「L’un des grands secrets d’une femme fatale.」(ファム・ファタールの大きな秘密)とはややズレる気も。「ファム・ファタール」は適切な日本語訳がなくて難しい言葉ですが、「(男を破滅させるような)運命の女」という意味。結構古都は普通だったよなーと。

でも晃介は古都のせいで出世頭から脱落したとも言えるので、そういう意味では間違ってないのかもしれません。

最終話はメタファー表現が多く、読者の解釈による部分が多いように思えます。実際に読んでみてはいかがでしょうか。

『娘の友達』をお得に読むなら?

漫画をお得に読むにはコミックシーモアがおススメです。

2004年から続いており、NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレが運営しているので、安心して利用できるでしょう。

コミックシーモアでは登録時、なんと70%オフクーポンが貰えます。660円の漫画も200円弱に!

また、コミックシーモアにはお得な月額コースもあります。ボーナスポイントが貰えるため、購入頻度によっては都度購入よりもお得!いつでも解約可能なので安心して登録できます。

コミックシーモアでは常にお得なキャンペーンを実施しており、丸々一冊無料で読める漫画も大量にあります。

やはり初回購入時限定とはいえ70%オフクーポンは魅力!登録は1分でできます。

コミックシーモアでお得に漫画を読みましょう!
コミックシーモア公式サイトへ

試し読みは会員登録しなくてもできます。