『終末のワルキューレ』44話のネタバレ!6回戦のカード発表!

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』44話のネタバレ記事です。

↓43話のネタバレはこちら↓

↓45話のネタバレはこちら↓

前回は釈迦が神を裏切り、人間側の闘士として闘うことを宣言するところまででした。

さて、今回はどうなるんでしょうか?

『終末のワルキューレ』44話「零」のネタバレ!

突然の釈迦の裏切り宣言に驚愕するギャラリーたち。ロキやアレス、オーディンも釈迦の裏切り行為に怒りを隠せません。

しかし唯一このことを冷静に見守っているのがブリュンヒルデでした。釈迦の裏切りがブリュンヒルデの策略によるものなのではと問うゲル。ブリュンヒルデは「天上天下唯我独尊」の釈迦は他人の意思で動くようなタマではないと言います。そして過去を語りだします……

5回戦終了後、雷電の敗北に涙を流すブリュンヒルデ。そこに現れたのが釈迦でした。ポップコーンを食べながら登場した彼は、人類側から出ることを宣言。実はブリュンヒルデが釈迦に「一蓮托生」を教わりにきたのはあの会議の前。その頃から自分を神と闘わせるつもりだったのではと問う釈迦に対し、とりあえず否定した彼女。しかし天界で釈迦ほどの神嫌いはいないと意味深な言葉を残します。それを聞いた釈迦は……



既にメンバーは決まっていると言うヘイムダルですが、ゼウスは構わんと許可。そもそもラグナロクのルールは神・人類13ずつ闘士を出し、先に7つ勝った方の勝利、ただそれだけなのです。オーディンの威圧にも負けない「天上天下唯我独尊」釈迦でした。

そして6回戦の神サイドの闘士も実は決まっていました。現れたのは毘沙門天……と七福神。

7神では闘えないと言うヘイムダルですが、なんと七福神が合体し、「毘沙門恵比寿布袋弁財天寿老人福禄寿大黒天」に。さらにそれが発光します。

もともと七福神は七柱ではなく、一柱。「零福」として再誕したのでした……



『終末のワルキューレ』44話の感想

6回戦のカードは釈迦VS毘沙門天という形に。毘沙門天は上杉謙信が信仰していた神様として有名ですね。とはいえ実際に闘うのは合体した七福神・零福ですが。

釈迦のブリュンヒルデに対する態度はかなり意味深。あれだけフリーダムな方なのでコントロールするのは誰にもできないのでしょう。再びの裏切りあるか?

来月にも期待です。

『終末のワルキューレ』掲載の「月刊コミックゼノン」を読む方法!

「月刊コミックゼノン」は書店では売っていないことも多い雑誌です。そんな「月刊コミックゼノン」をネットで読みたいという人も多いでしょう。

そんな人におススメなのがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス。月額たったの760円(税抜)で漫画雑誌80誌以上、漫画単行本が20,000冊以上が読み放題というお得なサービスです。雑誌を1冊読めばほぼ元が取れてしまいます。ちなみに「月刊コミックゼノン」は1冊730円(税込)。

このサービスに登録すれば毎月「月刊コミックゼノン」を読めます。紙の「月刊コミックゼノン」は毎月25日発売ですが、BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスで読めるようになるのは翌月1日なのでそこだけは注意してください。

「月刊コミックゼノン」だけでなく、「まんがタイムきらら」をはじめとした「きらら系」雑誌やKADOKAWAの「電撃大王」「コンプエース」なども読み放題の対象です。特にKADOKAWAの雑誌は紙の発売日と同時に読めるようになるのも特徴。

毎月お得に「月刊コミックゼノン」ほか漫画雑誌を読みたい方はBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスに登録してみてください。