『終末のワルキューレ』45話のネタバレ!零福と釈迦の因縁とは?

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』45話のネタバレ記事です。

↓44話のネタバレはこちら↓

↓46話のネタバレはこちら↓

前回は6回戦のカードが発表されるところまででした。

さて、今回はどうなるんでしょうか?

『終末のワルキューレ』45話「零の哀しみ」のネタバレ!

七福神が合体し「零福」に。神サイドのアレスは何も知らなかったようですが、ヘルメスは噂を聞いたことがあるもよう。禍々しいオーラを放つ零福にビビるヘイムダル。

改めて6回戦が開始されます。ブリュンヒルデも零福を見るのは初めてだと言いますが、あれが七福神の本来の姿だと。零福はもともと「福を零(こぼ)す」神だったとのことですが、哀しみが零福を変えたとのこと。そして恒例の回想に入ります……



古代アジアでは俗世界に身を置く神もいました。天界から降臨した心優しい神・零福が目にしたのは四苦八苦に喘ぐ人間たちの姿。この人間たちを救うため、零福は人間たちの不幸を吸い取ることにします。

幾年月が経ち、不幸を吸いまくった零福は変わり果てた姿に。自身が不幸に喘ごうと人間たちの幸せが一番だと感じていました。しかし、零福が見たのは幸福を見失い、堕落した人間の姿。これが人間の本質だったのです。

人間に絶望する零福が見たのは、ある人間に付き従う行列でした。彼らはみすぼらしく見えたものの、表情は幸福に輝いていました。その行列の先頭にいたのが釈迦。



零福は釈迦になぜ釈迦の周りにいる人間たちは幸福そうなのかと叫びます。自分が不幸を吸い取ったあいつらは幸福にならないのにと……

釈迦は不幸を吸い取るのは違うと答えます。幸福は自分で至るものだと。

零福は釈迦に嫉妬し、愛が憎悪へと反転。禍々しい姿へと変身してしまいます。通りかかった人間に天誅を下そうとした瞬間、零福は自身を攻撃。「七福神」へと分裂したのでした……こうして七福神、八福神伝説は生まれたと……

フィールドに戻り、あの屈辱のリベンジに燃える零福。しかし釈迦はそんな零福に膝蹴りを食らわします。どうやら釈迦は一連の出来事を覚えていないようで……!?



『終末のワルキューレ』45話の感想

今までは縁もゆかりもない神と人間との対戦でしたが、今回は因縁の対決ということに。見ず知らずの対戦で実力を認め合うのもいいですが、面識があるのも面白そうですね。まあ釈迦は覚えていないようですが……?

まあこの試合はさすがに釈迦が勝ちそうだなぁ……

ところで釈迦が負けたら一蓮托生はどうなるんですかね?

『終末のワルキューレ』掲載の「月刊コミックゼノン」を読む方法!

「月刊コミックゼノン」は書店では売っていないことも多い雑誌です。そんな「月刊コミックゼノン」をネットで読みたいという人も多いでしょう。

そんな人におススメなのがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス。月額たったの760円(税抜)で漫画雑誌80誌以上、漫画単行本が20,000冊以上が読み放題というお得なサービスです。雑誌を1冊読めばほぼ元が取れてしまいます。ちなみに「月刊コミックゼノン」は1冊730円(税込)。

このサービスに登録すれば毎月「月刊コミックゼノン」を読めます。紙の「月刊コミックゼノン」は毎月25日発売ですが、BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスで読めるようになるのは翌月1日なのでそこだけは注意してください。

「月刊コミックゼノン」だけでなく、「まんがタイムきらら」をはじめとした「きらら系」雑誌やKADOKAWAの「電撃大王」「コンプエース」なども読み放題の対象です。特にKADOKAWAの雑誌は紙の発売日と同時に読めるようになるのも特徴。

毎月お得に「月刊コミックゼノン」ほか漫画雑誌を読みたい方はBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスに登録してみてください。