『終末のワルキューレ』43話のネタバレ!釈迦裏切り疑惑の真相は?

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』43話のネタバレ記事です。

↓42話のネタバレはこちら↓

↓44話のネタバレはこちら↓

前回はゼウスが6回戦の神サイドの闘士に釈迦を指名するところまででした。

さて、今回はどうなるんでしょうか?

『終末のワルキューレ』43話「第6回戦」のネタバレ!

ゼウスに6回戦に往ってくれと要求された釈迦。彼はゼウスにそんなに人類を滅したいのかと聞きます。ゼウスは敗けるのは嫌だから闘るからには勝つ、それが神と答えます。

ゼウスの凄まじい気迫を目の前にした釈迦は、いつもの軽い感じで6回戦に出場することを決めるのでした。

一方の人間サイド。感情的になりすぎて怪我をしたブリュンヒルデのために、ゲルは包帯を探しに医務室へ。彼女が扉が開いている医務室を覗くと、釈迦にやられた七福神がいました。何やら意味深は発言をしている彼らですが……!?

盗み聞きをしているゲルの後ろから声が。声の主は毘沙門天で、七福神たちにも彼女の存在がバレてしまいました。敵に囲まれピンチのゲルを救ったのが、包帯でぐるぐる巻きのジャック・ザ・リッパー。

ヘラクレスを殺したジャックに複雑な感情を抱えるゲルですが……!?



舞台は闘技場に戻り、第6回戦のカードの発表。神サイドは宣言通り「天上天下唯我独尊」で有名な仏教の開祖・釈迦。釈迦が神として出てきたことに動揺を隠せない人間サイドのギャラリーたち。

しかし釈迦は人間サイドの方に歩き出し、ヘイムダルの持つギャラルホルンを奪ってこう宣言します。「オレ人類側から出るんで」

神サイドからのブーイングを受けた彼はギャラルホルンを破壊し、一喝。第6回戦の人間側の闘士は釈迦!



『終末のワルキューレ』43話の感想

やっぱり人間じゃないか(憤怒)

ゼウスは釈迦をもっと後で使う予定だったらしいですが、裏切り疑惑が浮上した以上は使わざるを得ないといった感じでしょう。

そもそも釈迦が神サイドなのは結構無理があったからね……来歴を見ても人間が妥当。アダムのがよっぽど怪しいわ(笑)

ちょっとメタ的な見方をすると、いくら漫画の中とはいえ日本にも信者の多い仏教の開祖である釈迦を敵にしたうえに負け役にするのは難しいし。

釈迦が裏切ったことで神12:人間14と人数比がおかしくなりましたがどうするんでしょうか。

てかなんで七福神あんなにガラ悪いんだろうな……

神サイドの6回戦の闘士も気になりますね。