『終末のワルキューレ』42話のネタバレ!3敗目に動揺するブリュンヒルデは……?

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』42話のネタバレ記事です。

↓41話のネタバレはこちら↓

前回で第5回戦が決着しました。

ちなみに今月は2話編成になっています。
↓43話のネタバレはこちら↓

『終末のワルキューレ』42話「崖っぷち」のネタバレ!

第5回戦の勝者は神サイドのシヴァ。雷電の相撲への固執が敗因と考えるアレスですが、ヘルメスの考えは逆。最初の何でもあり喧嘩スタイルで闘っていたらシヴァの敵ではなかっただろうと分析します。相撲こそがシヴァをあそこまで追い詰めたと……

雷電の仲間の力士たちは四股を踏んで送ることに。一方のシヴァは勝ったとはいえ腕を3本失ったボロボロの状態。そんな彼を出迎えたのがルドラら印度の神々でした。シヴァは人間の強さを認めたもよう。



再び星を先行される形になった人間サイド。スルーズを失い号泣するゲルと、さすがに動揺を隠せないブリュンヒルデ。彼女は一旦部屋に閉じこもることにしますが……

6回戦のため、ゼウスは次の闘士のところへ。そこにいたのは相変わらず自由そうな釈迦でした。6回戦に出てくれというゼウスの提案に釈迦は……

『終末のワルキューレ』42話の感想

今回はつなぎの回ということで控えめ。

シヴァは腕を3本失ったとはいえ薄氷の勝利。雷電も神をギリギリまで追い詰めたもののあと一歩届かずといったところ。

せっかく星をイーブンに戻したのに再び先行される形になった人間サイドはやや厳しい状況に。3人の闘士と戦乙女を失い、さすがのブリュンヒルデも動揺している様子。こんな状態で采配を振るえるのか……?

そして神サイドは6回戦目の出場者を釈迦にしようとしているもよう。彼に裏切り疑惑がある以上、早めに真実を知っておく必要があるので当然の人選でしょう。

釈迦の裏切り疑惑については次の話で明かされます。

↓43話のネタバレはこちら↓