『ささやくように恋を唄う』7話のネタバレ!【百合姫】

百合姫ネタバレ

今回は「コミック百合姫」に連載中の『ささやくように恋を唄う』(通称:ささこい)最新話(7話)のネタバレ記事です。

↓前回のネタバレ記事はこちら↓

最初の数ページはここから読むことが出来ます。登録も不要です。「サンプルを読む」からどうぞ。

前回は依の告白を受けて悩むひまりの姿が描かれました。

さて、今回はどうなるのでしょうか?



『ささやくように恋を唄う』7話「屋上と、先輩と、私の気持ち。」のネタバレ!

放課後、帰宅しようとする依は昇降口で待ち伏せしてたアキに遭遇し、一緒に帰ることに。

その途中で依はひまりに告白したことをアキに伝えます。

最近元気のなかった依を心配していたアキですが大丈夫そうだと安心し、二人でタピオカ屋に行くことに。

一方ひまりは相変わらず答えを出せないまま。

つき合っても依のことを好きになれなかったら関係が壊れてしまうし、依を傷つけることになってしまうと。

気分転換に冷蔵庫に行くひまりは、ひまりママがひまりパパとラブラブの電話しているのを聞いてしまいます。

そしてひまりはママに二人の馴れ初めを聞きます。

ひまりママによるとパパには高1のときに告白されたがつき合い始めたのは高3の夏、最初は別に好きじゃなかったから断ったけどそれでもアタックし続けてくれて、高3の夏には好きになっていたと。

ひまりはその話に感動し、ママに感謝します。依に今の気持ちを伝える決心がついたもよう。



次の日、屋上で久しぶりに会ったひまりと依。

ひまりは依のことが好きだと言いますが、それは恋愛の好きとは違うし恋愛としての「好き」がわからないと言います。

だからこれからも一緒に過ごして、「好き」と思ったら……と言いかけたところで依がストップをかけます。

依は「チャンスくれるってことだよね?」と確認するとひまりはわがままでごめんなさいと泣き出してしまいます。

泣きながらひまりは、依のことは好きだが今つき合って傷つける結果にしたくないと言います。

そして依はひまりのことが好きだという気持ちを再確認し、依もフラれたらどうしようと不安だったことを打ち明けます。前向きな返事がもらえて嬉しいと。

また会いに来ていいかと聞くひまりですが、依の答えはもちろん。

そして依の「もっとホレさせるから覚悟してね」という決めゼリフで7話は終了です。

『ささやくように恋を唄う』7話の感想

ひまりが出した答えは今つき合うとか断るとかでなく、現状維持の保留。

ここですぐにくっついたりしても漫画として面白くはないのである程度は予想できた人もいると思います。

まあここから依がどうひまりを落としていくかという話になってくるのでしょう。

それにしても既に気持ちがバレている状態というのはなかなか新鮮ですね。

気を付けないといけないのは高校生ゆえのタイムリミット。依は3年生なのであまり時間的な猶予はないです。

そのあたりのジレンマをどう表現してくるか竹嶋えく先生の技に注目です。

あとひまりママは凄い美人なので気になる人は本誌で!

『コミック百合姫』をお得に読む方法とは?

コミック百合姫』を読むにはDMM電子書籍がおすすめです。

DMM電子書籍では初回ログインで50%OFFクーポンが貰えます。このクーポンはなんと初回購入時の全作品が50%割引されるお得なクーポンとなっています。


電子書籍なら場所も取りませんし、紙の本よりも安く買えます。『コミック百合姫』なら紙の場合830円+税ですが、電子書籍なら税込みで699円です。しかも発売日になればすぐに読めます。

お得なDMM電子書籍で『コミック百合姫』を読みましょう!

DMM電子書籍公式サイトへ

DMM電子書籍についてはこの記事で詳しく説明しています。
DMM電子書籍は初回購入がお得?評判はどう?