『終末のワルキューレ』31話のネタバレ!5回戦の対戦カード発表!

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』31話のネタバレ記事です。

「月刊コミックゼノン」2020年6月号は2本立てです。
↓30話のネタバレはこちら↓

↓32話のネタバレはこちら↓

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『終末のワルキューレ』31話「無類の漢たち」のネタバレ!

ゲルはブリュンヒルデに先ほど言い過ぎてしまったことを謝ります。ブリュンヒルデは人として間違ってないから謝らなくていいと答え、いつもの彼女に戻っていました。

2勝2敗のタイに持ち込み、リードした状況。ブリュンヒルデはだからこそこの漢のもとに足を運んだと言います。

豪華な部屋を先にいたのは大量の女性に囲まれた大男。部屋には横綱の手形もあります。と、いうことは……

この大男こそが人類史上最強の力士・雷電為右衛門なのでした。

そして彼とタッグを組む戦乙女は三女・スルーズ。彼女はなんと雷電よりもデカいパワー系戦乙女なのでした。

そんなスルーズにすら発情する雷電。スルーズもなぜか乙女の顔に!?そして二人は神器錬成。



5回戦のフィールドは日本の相撲場を模したスタジアム。懸賞旗まで登場しています。

谷風梶之助、小野川喜三郎といった歴代の横綱たちに杉田玄白、葛飾北斎らのギャラリーが見守る中、東から登場したのは雷電為右衛門。

そして西から登場したのは宇宙の破壊神・シヴァ。

第5回戦は雷電VSシヴァに決定!

『終末のワルキューレ』31話の感想

30話のラストをガン無視して5回戦に出てきたのは雷電でした。てか沖田総司だと佐々木小次郎とちょっと被るんだよなぁ……

雷電は人間の三大欲求に忠実な人物として描かれているもよう。

対するのはシヴァ。キャラデザは前から公開されており、2回戦に出場予定だった神です。序盤に出てくるだろうと思っていたのでこっちも予想通り。小物臭がするのが気になりますが(笑)

この試合はメタ的な見方をしてもどっちが勝つかわかりませんね……7本先取なのでお互い負けられる試合自体にはまだ余裕がある状況なので。

4回戦は知略に長けたジャックだったのでここでパワー系選手の登場ってことでしょう。戦乙女もパワー系だし。

それにしても単行本出した月に2本立て85ページとかアシスタント何人使ってるんですかね(笑)
↓32話のネタバレはこちら↓