『終末のワルキューレ』最新51話のネタバレ!釈迦絶体絶命!?

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』51話のネタバレ記事です。

↓50話のネタバレはこちら↓

さて、今回はどうなるんでしょうか?

『終末のワルキューレ』51話「種と土」のネタバレ!

誰でも良かったと独白する謎の神。彼は一体……?

一方、闘技場では釈迦がピンチに。波旬の攻撃で左目を抉られてしまいます。強靭な楯を貫くほどの破壊力を見せる波旬。

さらに波旬は死角となった釈迦の左側から猛攻を仕掛けます。釈迦もカウンターを試みるものの、試合は波旬が優勢に。



あの釈迦を手玉に取っている波旬に驚くアレス。ハデス曰く、波旬は冥界を半壊させ、ある日突然消滅した怪物とのこと。ハデスが冥界を治めることになるよりも大昔の存在のようですが、なぜか今ここに降臨しています。

ハデスは考えられる理由を推測します。その方法とは驚くべきもので……?

そしてその犯人をベルゼブブだと判断した彼は……



劣勢になりながらも闘いを続ける釈迦。彼は波旬の前で零福の名前を呼びます。しかしそれに対し、波旬は残酷な物言い。

それにブチギレた釈迦は、武器を今までになかったような禍々しい形に変形させます。攻撃を1度は波旬にかわされるものの、2度目は……?

しかしこれも防御され、カウンターで腹部を貫かれた釈迦。彼が言い残した言葉は……

『終末のワルキューレ』51話の感想

釈迦が大ピンチに。こうなってくるともうどっちが勝ってもおかしくない状態。まあキャラ的には釈迦の方が勝ちそうですが、さすがにアレは致命傷では……相打ちによる引き分けとかもあるのかな?

そして唐突に登場したベルゼブブ。日本でも知名度の高い悪魔なだけにかなり非道な行為を行っているもよう。顔はイケメンですが(笑)。

長くなってきた第6回戦もさすがにそろそろ決着がつきそうですね。

約1週間のタイムラグはありますが、『月刊コミックゼノン』を読むなら以下のサイトがおススメです。

『終末のワルキューレ』掲載の「月刊コミックゼノン」を読む方法!

「月刊コミックゼノン」は書店では売っていないことも多い雑誌です。そんな「月刊コミックゼノン」をネットで読みたいという人も多いでしょう。

そんな人におススメなのがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス。月額たったの760円(税抜)で漫画雑誌80誌以上、漫画単行本が20,000冊以上が読み放題というお得なサービスです。雑誌を1冊読めばほぼ元が取れてしまいます。ちなみに「月刊コミックゼノン」は1冊730円(税込)。

このサービスに登録すれば毎月「月刊コミックゼノン」を読めます。紙の「月刊コミックゼノン」は毎月25日発売ですが、BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスで読めるようになるのは翌月1日なのでそこだけは注意してください。

「月刊コミックゼノン」だけでなく、「まんがタイムきらら」をはじめとした「きらら系」雑誌やKADOKAWAの「電撃大王」「コンプエース」なども読み放題の対象です。特にKADOKAWAの雑誌は紙の発売日と同時に読めるようになるのも特徴。

毎月お得に「月刊コミックゼノン」ほか漫画雑誌を読みたい方はBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスに登録してみてください。