『終末のワルキューレ』57話のネタバレ!始皇帝の過去とは……?

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』57話のネタバレ記事です。

↓56話のネタバレはこちら↓

さて、今回はどうなるんでしょうか?

『終末のワルキューレ』57話「蚩尤」のネタバレ!

古代中国において、様々な書物に登場する「蚩尤」。王は王に成るのではなく、王であることを魔神・蚩尤によって「許されていた」とのことで……

始皇帝は楚・斉・燕・趙・魏・韓の六国を滅ぼした後、一人で泰山に登り、天命を受けた帝王のみが行えるという「封禅の儀」を執り行いました。その内容を知っているのは始皇帝ただ一人。

そこで行われたのは魔神・蚩尤との死闘でした。丸六日間の戦いの末、勝ったのは始皇帝。この結果、中華の歴史は魔神から人に渡ったのでした……



闘技場にて、ハデスを吹っ飛ばした始皇帝。これが魔神・蚩尤との闘いで会得した究極の武術「蚩尤」とのこと。この技のメカニズムがアレスとヘルメスから語られ……

吹っ飛ばされたハデスは立ち上がった後、始皇帝に「王とな何か」を問います。それに対する始皇帝の答えを聞いたハデスは爆笑。それに釣られて始皇帝も笑い出します。

ハデスが珍しく声を上げて笑った理由。それは弟であるポセイドンにあり……



ハデスは槍を独特な構えで持ち、突きではなく槍本来の闘い方で始皇帝を攻撃。始皇帝は蚩尤で返そうとしますが……!?

『終末のワルキューレ』57話の感想

もはや恒例となった闘士の過去が語られました。

本作ではかつての中国は魔神・蚩尤が実質的に支配していたということですね。それに始皇帝が打ち勝って人間が支配するようになったと。

ちなみに蚩尤はWikipediaにも載ってます。見慣れない漢字ですが一発で変換もできるハズ。
蚩尤出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

闘いはまだ序盤ですが、お互いに見せ場を作ってきました。どっちが勝つかは微妙なところだけど弟・ポセイドンを殺されたハデスのが有利かな~と思います。

それにしても読者からすると全部解説してくれるアレス&ヘルメスが有能すぎる(笑)。

『終末のワルキューレ』掲載の「月刊コミックゼノン」を読む方法!

「月刊コミックゼノン」は書店では売っていないことも多い雑誌です。そんな「月刊コミックゼノン」をネットで読みたいという人も多いでしょう。

そんな人におススメなのがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス。月額たったの760円(税抜)で漫画雑誌80誌以上、漫画単行本が20,000冊以上が読み放題というお得なサービスです。雑誌を1冊読めばほぼ元が取れてしまいます。ちなみに「月刊コミックゼノン」は1冊730円(税込)。

このサービスに登録すれば毎月「月刊コミックゼノン」を読めます。紙の「月刊コミックゼノン」は毎月25日発売ですが、BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスで読めるようになるのは翌月1日なのでそこだけは注意してください。

「月刊コミックゼノン」だけでなく、「まんがタイムきらら」をはじめとした「きらら系」雑誌やKADOKAWAの「電撃大王」「コンプエース」なども読み放題の対象です。特にKADOKAWAの雑誌は紙の発売日と同時に読めるようになるのも特徴。

毎月お得に「月刊コミックゼノン」ほか漫画雑誌を読みたい方はBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスに登録してみてください。