『終末のワルキューレ』最新56話のネタバレ!第7回戦開始!

コミックゼノンネタバレ

今回は「月刊コミックゼノン」に連載中の『終末のワルキューレ』56話のネタバレ記事です。

↓55話のネタバレはこちら↓

さて、今回はどうなるんでしょうか?

↓無料お試し登録で1200ポイント!↓

『終末のワルキューレ』56話「王VS王」のネタバレ!

アレスとヘルメスのいる神側VIP席に乱入してきた始皇帝。傍若無人な態度の彼にアレスはキレますが、始皇帝によって簡単に吹っ飛ばされてしまいます。その様子を見てヘルメスは……

そんな中、ゲルとブリュンヒルデがやってきました。しかし始皇帝は動こうともせず。そしてブリュンヒルデは回戦の人類側闘士は始皇帝であることを告げると……



闘技場では7回戦の闘士の入場が。しかし始皇帝は決められたルールを守らず、ド派手な入場をします。それを支えているのは劉備や劉邦、朱元璋ら中国の歴代皇帝たちでした。

そして闘技場でワルキューレ10女のアルヴィトと合流。自由な始皇帝に怒っている様子の彼女でしたが……?なんだかんだで神器錬成をします。

一方の神サイド。入場口に向かうハデスに対し、ポセイドンの従者・プロテウスが声をかけます。彼はハデスにポセイドンの武器であるトライデントを渡すのでした。



ハデスも闘技場に入場し、とうとう7回戦の試合開始!

まずはいきなりハデスが先制攻撃を仕掛けます。それに対し始皇帝は……!?

『終末のワルキューレ』56話の感想

というわけで、第7回戦のカードは正式にハデスVS始皇帝に。冥界の王と王の中の王という王対決ですね。

特にハデスは弟のポセイドンを失っているのでこの試合にかける決意は並々ならぬものがありそう。まあ作中でも言われている通り、ポセイドンを葬った佐々木小次郎と始皇帝の間には全くと言っていいほど繋がりは無いのですが……

始皇帝も強そうですが、神サイドの中では知名度も高く、復讐補正もあるハデスのが勝ちそうな気はします。釈迦の欠員で入ってきて負けたらカッコ悪いし(笑)。

最初の攻防は必見。ぜひ本誌で読んで欲しいところです。

『終末のワルキューレ』掲載の「月刊コミックゼノン」を読む方法!

「月刊コミックゼノン」は書店では売っていないことも多い雑誌です。そんな「月刊コミックゼノン」をネットで読みたいという人も多いでしょう。

そんな人におススメなのがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス。月額たったの760円(税抜)で漫画雑誌80誌以上、漫画単行本が20,000冊以上が読み放題というお得なサービスです。雑誌を1冊読めばほぼ元が取れてしまいます。ちなみに「月刊コミックゼノン」は1冊730円(税込)。

このサービスに登録すれば毎月「月刊コミックゼノン」を読めます。紙の「月刊コミックゼノン」は毎月25日発売ですが、BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスで読めるようになるのは翌月1日なのでそこだけは注意してください。

「月刊コミックゼノン」だけでなく、「まんがタイムきらら」をはじめとした「きらら系」雑誌やKADOKAWAの「電撃大王」「コンプエース」なども読み放題の対象です。特にKADOKAWAの雑誌は紙の発売日と同時に読めるようになるのも特徴。

毎月お得に「月刊コミックゼノン」ほか漫画雑誌を読みたい方はBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスに登録してみてください。