『私の百合はお仕事です!』34話のネタバレ!美月と果乃子のその後は……

百合姫ネタバレ

今回は「コミック百合姫」に連載中の『私の百合はお仕事です!』34話(シフト.34)のネタバレと感想記事です。

33話のネタバレはこちら

35話のネタバレはこちら

前回は果乃子と美月がバトルするところまででした。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『私の百合はお仕事です!』34話「次は上手に失敗を」のネタバレ!

果乃子の暴力行為により負傷した美月。店長の舞さんから手当てを受けながら果乃子に言われた言葉を考えます。

学校でも考え事をしてしまい、友人の渚たちにも心配される始末。

何があったか話してみてという友人たちに対し、美月は事の顛末を説明します。

それを聞いた渚は美月が何かやらかして相手を困らせているのではと指摘。

しかし美月はまだ振られたわけではなく、返事から逃げられている状態です。そのことを渚に話し、自分は振られるべきなのかと聞きます。

渚はそれは相手が決めることだと言います。そして美月の行動に問題があったから避けられていると……

しかし、告白とは自分の気持ちを伝えたいからするものなので自分勝手なのは仕方ない、問題だったのは相手の気持ちを考えなかったことや、やり方にあったのではと続けました。

それを聞き、美月は陽芽の気持ちを考えてみることに。相手が女子だったことにやや驚く渚ですが、彼女は美月のことを応援してくれているもよう……



リーベにて、純加は果乃子に謝らせようとするものの、やはり無理。美月は果乃子が簡単には謝らないと思うと純加に告げます。

純加は陽芽を引き留めるには果乃子とケンカしてる場合ではなく、協力すべきだと言いますが、やはり険悪な雰囲気に……

そんな中営業時間に。仕事をしつつ果乃子と自分の違いを考える美月。

そこで美月は果乃子に最近の陽芽の様子について聞きます。やや戸惑いつつもサロンの中なので普通に答える果乃子。ギャラリーは珍しい二人の絡みということで期待の眼差し。

さらに美月は陽芽が友達を大切にしてるかについても聞きます。果乃子はいつも陽芽に助けられてるからサロンでは自分が助けたいと、そして陽芽とサロンで過ごす時間が好きだと言います。

学校でもサロンでも果乃子が陽芽を助けているから二人は仲が良いと解釈した美月。そして自分もそうありたいと宣言しました。沸くギャラリー。



終業後、美月は果乃子にサロンでのやりとりにつきあってくれたことについて感謝します。果乃子は今更陽芽のことを聞いても遅いと言いますが、美月は果乃子を知ろうとしたと……話したことで自分は陽芽から貰うばかりだが果乃子は陽芽に与えることができる、それが「違い」だとわかったと言う美月。

そして自分は「特別」じゃないと……

全て果乃子の言う通りだと認めた美月。でも陽芽に振られるのは怖いがもう会えないほうが怖いと。特別は諦めて果乃子に譲り、陽芽をリーベに引き留めることにしたいもよう。

果乃子はそんな美月の主張を聞き、わかってないと断言。どうでもいい人ならすぐ振っているし、お揃いのプレゼントまで貰っているのだから美月は最初から陽芽の「特別」だと……

果乃子としては、陽芽は美月と友達の関係でいたかったが、美月が告白したことで壊してしまったと言います。振られて「特別」に戻るべきだと。先日の暴力行為についても謝りました。

なぜ今日は特別だと言ってくれるのかと聞く美月。それに対し果乃子はそういうところだと言います。考えていないくせに人に突っ込んでいくから悩ませることになると……

でも美月のそういうところが陽芽を戻すのに必要だと言う果乃子。美月も陽芽を連れ戻すことに同意しました。

『私の百合はお仕事です!』34話の感想

美月と果乃子は対立してるものの、陽芽を連れ戻すという目標は一致してるんだからケンカばっかしてる場合じゃないですよね。それにしても暴力はアカンけど。

まあ美月の空気の読めなさは今に始まったことではないとはいえ最近は特にヤバい気が。そりゃ「そういうとこやぞ」って言われますわ。てか学校にまともな友達いたんすね……

今回も前回に続き解釈がやや難しい……本誌でどうぞ(丸投げ)
35話のネタバレはこちら

『コミック百合姫』2020年6月号をお得に読むなら?

コミック百合姫』を読むにはDMM電子書籍がおすすめです。

DMM電子書籍では初回ログインで50%OFFクーポンが貰えます。このクーポンはなんと初回購入時の全作品が50%割引されるお得なクーポンとなっています。


電子書籍なら場所も取りませんし、紙の本よりも安く買えます。『コミック百合姫』なら紙の場合830円+税ですが、電子書籍なら税込みで699円です。しかも発売日になればすぐに読めます。

お得なDMM電子書籍で『コミック百合姫』を読みましょう!

DMM電子書籍公式サイトへ

DMM電子書籍についてはこの記事で詳しく説明しています。
DMM電子書籍は初回購入がお得?評判はどう?