『たとえとどかぬ糸だとしても』33話のネタバレ!物語は核心へ……

百合姫ネタバレ

今回は「コミック百合姫」に連載中の『たとえとどかぬ糸だとしても』33話のネタバレと感想記事です。

32話のネタバレはこちら

34話のネタバレはこちら

さて、今回はどうなるのでしょうか?

『たとえとどかぬ糸だとしても』33話のネタバレ!

ウタの近くで寝ていた薫瑠ですが、起きるとウタはもういませんでした。その代わりに書き置きが。

一人になった薫瑠は冷静になり、ウタの気持ちを考えたら頼ってはいけなかったと考えているようですが……自分を責めるのはやめて前を向くことに。今回は取り返しがつかなくなる前に正直になろうと決心する薫瑠。

夕方になり、怜一が早めに帰宅。スケジュール的に間に合いそうだったとのことで、薫瑠の好きなシュークリームを買ってきてくれました。



夕食後、ウタから薫瑠を心配する連絡が来たことを報告する怜一。薫瑠はその件についてはもう大丈夫だと言います。

それを聞き、ウタは昔から薫瑠大好きだったと怜一は答えます。一方、薫瑠はいつから自分のことが好きになったのかと怜一に問いかけを。

怜一は昔のことで覚えていないと言うと、薫瑠は怜一が答えてくれない・答えられないのは「私のこと好きになったわけじゃない」からだと言い放ちます。まさかの発言に驚く怜一。



やはり薫瑠としては恐怖はあっても不安を抱えたまま生きていくわけにはいかないと考えているようです。

一方の怜一。ウタが薫瑠を心配していたのは間違いではなかったと。さっき薫瑠が見せた目はあの頃に似ていると感じているもよう。

夜、怜一は改めてさっきの発言について聞くことに。好きになったわけじゃないなら結婚なんてしないと言う怜一。

しかし、薫瑠は決定的な一言を怜一につきつけます……

『たとえとどかぬ糸だとしても』33話の感想

次回で怜一と薫瑠の関係の核心に入っていきそうです。最終回まであと2話?

そうなるとウタと薫瑠の関係としてはあれが終着点かなと。さすがに怜一と離婚する流れには見えないので。

薫瑠が怜一を信用しきれていないのは璃沙子との浮気疑惑だけでなく、今までの積み重ねという意味もあるのでしょう。だから薫瑠の最後のあのセリフに繋がるわけですね。璃沙子は璃沙子でアレだし……

もうすぐ最終回なので発売日になればすぐ読める以下のサイトを利用するのもいいでしょう。『コミック百合姫』には『ゆるゆり』をはじめ他にも面白い作品がたくさんあります。

34話のネタバレはこちら

『コミック百合姫』2020年7月号を読むならeBookJapanがおススメ!

『たとえとどかぬ糸だとしても』33話が掲載されている『コミック百合姫』2020年7月号を読むにはeBookJapanがおすすめです。

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回ログインで50%OFFクーポンが貰えます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされるクーポンです。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば、6回までの購入に使用可能なお得なクーポンとなっています。

eBookJapan公式サイトへ

eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。

さらに2000冊以上もの漫画が無料で読み放題となっています。

ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。

電子書籍なら場所も取りませんし、紙の本よりも安く買えます。紙の場合830円+税ですが、電子書籍なら税込みで699円です。しかも発売日になればすぐに読めます。単行本の切れ目は雑誌の購読を始めるのにちょうどいい機会です。

eBookJapanで『コミック百合姫』2020年7月号を読みましょう!
コミック百合姫 2020年7月号[雑誌]
コミック百合姫 2020年7月号[雑誌]